Go To Eatキャンペーン レポ【和食さと編】

飲食店を応援しようという趣旨の政策ではじまったGoToEatキャンペーンが盛り上がっていますね。我が家は田舎のためあまり行けるお店がないところが残念ですが、それでも数回こちらのキャンペーンを利用させていただき楽しくお得に食事をしました。今回は「和食さと」のレポートと簡単にやり方をまとめてみます。

ぺんじろう
ぺんじろう

「和食さと」もGoToEatキャンペーンできるんだね!

くまぽん
くまぽん

「EPARK」っていう予約サイトを通したらできるんだ~!

目次

GoToEatキャンペーンとは?

国の政策として始まったコロナの影響を受けた飲食店を応援しようというキャンペーンです。①オンライン飲食②食事券という2本立てのキャンペーンとなっております。

①オンライン飲食のキャンペーン概要は
オンライン飲食予約サイトを経由してキャンペーン期間中に予約して来店すると
昼食時間帯は500円/人夕食時間帯は1000円/人のポイントがもらえます。
■もらったポイントは次回その予約サイトを経由して予約、来店すると使えます

今回利用した「和食さと」は①のオンライン飲食の方のキャンペーンで利用してきました。

①予約

「和食さと」はEPARKというオンライン飲食予約サイトから行いました。これはくら寿司と同じです。ただ、今回少しややこしかったのは、「和食さと」の予約時にコースを指定しての予約ではなく、席のみの予約をしたかったのですがEPARKグルメの方からではコースを指定しないと予約できなかったことです。結果的に下の画像でいう上の方の「将来順番待ち予約」の方からなら席のみで予約ができました。

「将来順番待ち予約」の場合、このようなページから行えました。

行きたい日時を指定して予約完了です。

EPARKが人気上昇によるアクセス過多で検索がうまくできない状態が出ているようなので、私は、Google検索で「EPARK」「和食さと」「〇〇店」「日時を指定などのキーワード入力から自分のたどり着きたいページへアクセスできました。(参考まで)
*EPARKグルメのページにアクセスしてしまうとコースを指定しないといけないのでうまく行きたいページにアクセスできるといいのですが…

②来店&注文

来店

来店後は、お店の方にEPARKで予約したことをいうと数分で席まで案内して頂けました。
(タッチパネルで自分で操作したりはありませんでした。)

注文

席に案内された後はタッチパネルで注文をします。うちの長男はおこさまランチを、私たち親は少し贅沢にも四季めぐり膳を注文しました。ちなみにお子さんがいる方は「さとキッズくらぶ」というのに無料で入れるので入っておくとドリンク無料ほか手厚い特典があります。

③会計

金額の確認

お会計の前に食事の料金が1人あたり1000円以上(夜の時間帯の場合)になっているか再度確認しましょう。「和食さと」の場合、タッチパネルでお会計を確認できます。ここを間違えると大損になります。今回は4人で行ったので4000円以上になっていることを確認しました。*昼の時間帯は1人あたり500円以上が必要です。
ちなみにお会計は4053円!(^^)!無事にポイントが付与されれば53円でみんなで夕食です。

QRコードの作成

支払い時に前回までにもらったGoToEatのポイントを使う場合には、利用ポイントを入力しQRコードの作成が必要になります。レジに行く直前に用意しておくとお支払いがスムーズですね!

ポイントを「つかう」→QRコードの作成へ進みます。

レシートの受取り&確認

レシートはポイントをもらうための申請に必ず必要です。もらい忘れに注意しましょう。
また、人数なども間違っていないかちらっと確認しておくとよいです。

④ポイントの申請

レシートをキャンペーンサイトから申請します。レシートはしっかり撮影しないとポイントの付与までが遅くなる場合があるそうなので、「写真の向き」や「背景」など基本的なポイントは押さえておきましょう!

申請後はステータスが申請中に変わりました。この後はポイントが付与されるのを待ちます。

⑤ポイントの付与

レシートを申請したのは、土曜日の19時半ごろでした。
そして、ポイントが付与されたのは日曜日の朝4時頃でした。

とってもスピーディーで驚きでした!!

くまぽん
くまぽん

GoToEatキャンペーン最高(*^-^*)

ぺんじろう
ぺんじろう

長男くんが「また行こうね(*’▽’)」って嬉しそうだったし良かったよね!

今回は家族全員で53円でおいしいご飯が食べられてありがたい限りです。そんなに多くは利用できるかわかりませんが、また今回もらった4000ポイントを使ってGoToEatキャンペーンを楽しみたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

20代後半OL. 30代前半の夫. 2017年と2020年生まれの息子との4人での田舎暮らし。ワーママの知恵、節約のコツ、お得に生活する技、将来に向けての投資について紹介。
DWE(英語)、ピグマリオン、Z会などの知育についても取り組んでいます。
☆夢は子どもがいても夫婦揃って早期リタイアすること。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる